美容整形で理想を叶える~あなたの望むビューティフルボディー~

メスはいらない

メスを使わないプチ整形の注意点

美容整形外科では、脱脂法、サーマクールアイ、フォトフェイシャル、ヒアルロン酸注入などで目元のたるみ整形ができます。しかし、目元の皮膚は特にデリケートなので、治療を検討しているなら慎重にクリニックを選ぶ必要があります。 たるみ整形手術の中でも、メスを使用しないでできる「プチ整形」は体への負担が少なく費用も安めなので人気があります。しかし、プチ整形のほとんどが効果に期限があります。ヒアルロン酸などは半年〜2年で効果が切れます。半永久的に効果が持続するわけではないので、一時的な処置として利用するか、定期的に治療をして効果を持続させるかになります。プチ整形は一回あたりの費用は安いですが、メンテナンスを考えると高くつくことがあります。

脱脂法で目のたるみ整形

腫れぼったいまぶたや目の下のたるみなど、目元のたるみや脂肪などは美容整形手術で除去できます。美容整形手術の目のたるみ整形では「脱脂法」というのがあります。脱脂法とはたるんだ部分や腫れぼったい部分に数ミリ程度の穴を開けて、そこから余分な脂肪を取り除く手術です。 目の下のたるみを脱脂法で取る場合は、目の下まぶたの内側から切開をするので、表側から傷あとが見えることはないので安心です。 目元のたるみ整形の手術時間は30分〜40分程度で、手術では麻酔をするので痛みはなく、日帰りでできます。2日〜一週間後に抜糸をする必要があります。脱脂法はプチ整形をは違うので、「効果が半永久的に持続する」というメリットがあります。