美容整形で理想を叶える~あなたの望むビューティフルボディー~

大きな目になれる

目頭が腫れぼったい、目と目が離れているというのは人に与える影響が変わります。そのため、コンプレックスと感じる人もいます。目頭切開することで、コンプレックスを直すことも可能になります。目頭切開は、蒙古ひだと呼ばれる部分を除去する方法です。この症状がある人は、蒙古ひだが発達している人がほとんどなので、そこを取り除くだけことで効果を得ることができます。芸能人の中でも手術をしている人が複数いるので非常に人気のある施術内容となっています。目頭切開するメリットとして、1~2ミリ切開するだけでも十分に効果を得ることができ、印象がだいぶ変わります。両目を近づけるだけでなく、目がパッチリとしますし、切れ長の目にすることも可能です。

目頭切開の施術内容として、部分麻酔を行なってから施術します。通っているクリニックにもよりますが、静脈注射をすることもできるので意識が無い間に手術が終わっているということもできます。施術後は、目の周りの手術なので鈍痛を感じることもあります。ダウンタイムは人によって変わりますが、平均して4日前後で抜糸することができます。その後一定期間は腫れが残っているので、その間はテープなどで固定して安定化を図ります。個人差がありますが2週間以上はダウンタイムの時間を見積もっておいた方がいいとされています。目の周りの手術はいろいろな危険性を伴うことが多いので、クリニック選びは慎重に行なうことが必要です。インターネットで検索したり、地域の人の評判などを参考に信頼できるクリニックを選びましょう。クリニックによって行なっている内容やスキル、持っているマシンなどに差がありますので詳しく調べて納得できるクリニックを選ぶことが重要なポイントとなります。